静岡で人気の病院はコレ!静岡の看護師求人ガイド

静岡の看護師に人気のキーワード

条件で選ぶ静岡の看護師求人

働き方で選ぶ静岡の看護師転職

静岡の施設で選ぶ看護師求人

静岡の病院情報一覧

静岡市

静岡市清水区(7) 静岡市葵区(14) 静岡市駿河区(5)

浜松市

浜松市中区(6) 浜松市北区(4) 浜松市南区(3) 浜松市天竜区(1) 浜松市東区(5) 浜松市浜北区(7) 浜松市西区(4)

静岡県西部

周智郡(1) 御前崎市(1) 掛川市(4) 湖西市(2) 磐田市(8) 菊川市(1) 袋井市(2)

静岡県中部

島田市(1) 榛原郡(1) 焼津市(5) 牧之原市(1) 藤枝市(5)

静岡県東部

三島市(5) 富士宮市(6) 富士市(10) 御殿場市(5) 沼津市(6) 裾野市(2) 駿東郡(4)

静岡県伊豆

熱海市(3) 下田市(3) 伊豆の国市(4) 伊豆市(4) 田方郡(3) 賀茂郡(4) 伊東市(1)

静岡県の看護師の平均給与について

top-kiji1.jpg
静岡県の看護師の平均給与は全国平均に比べて高いとのデータがあります。

看護師の給料は都心に行くほどに高く、地方に行くほどに低くなる傾向にあり、静岡県は全国的に見てとても恵まれた給料体制の職場が多いと言う事になります。
全国の看護師の平均月収が326,000円(常勤ナースのみの平均)に対し、静岡県の看護師の平均月収は359,000円と、33,000円も差があります。

top-kiji1 point1.jpg
ボーナスを見ると、全国の看護師の平均賞与(年額)が780,000円に対し、静岡県の看護師の平均賞与は830,000円と5万円も差があります。

月収と賞与を合わせた年収では実に43万円もの差になっています。

静岡県は人口360万人ほどの県で、人口は全国10位。

伊豆・東部・中部・西部からなり、各地に総合病院・公立病院・大学病院があり、医療水準が高い県と言えます。

静岡市内や浜松市内には大希望病院が多く、最先端医療が行われています。

静岡県で求人を探すなら、静岡県の看護師の平均給料を参考に、給与水準が高いのか?低いのか?を見極めながら求人選びをすると良いですね。

看護師の転職理由の上位には「給料が安いから」「昇給が見込めないから」「給料アップしたいから」と言う理由があります。

top-kiji1 point2.jpg

給料アップをするためには、「転職をする」「昇格をして昇給を狙う」「夜勤専従に変更する」と言う3つの方法があります。

転職をせずに給料アップを目指すためには、経験年数を摘んでベースアップを期待したり、スキルアップによる資格手当や役職手当を期待する方法があります。

すぐに給料アップしたいと言う場合は、夜勤専従常勤に変更するか、夜勤回数を大幅に増やして貰うしかありません。

給料アップの為に転職をする場合には、転職後にいくらの給料アップが期待できるのか?しっかりと事前にシュミレーションをする事をお勧めします。

病院によって月額や年収の表記に差がありますので、実際に働いてみたら給料アップどころか減額になってしまった・・・と言う話は実は多いのです。

職場選びの3つのポイント

top2-1.jpg
ranking-top2-2.jpg
kango27.jpg
休日数・平均残業時間・夜勤回数・年休消化率は 必ずチェック。 「年間休日100日以下」「残業時間20時間以上」 「夜勤8回以上」「年休消化非公表」・・・ ブラック病院に要注意!
ranking-top2-3.jpg
kango28.jpg
スタッフの「平均在籍年数」は必ずチェック! 非公表の病院はブラックの可能性大・・・。 スタッフの平均在籍年数「最低でも6年以上」 を選ぼう。 条件の良い病院、働きやすい病院はスタッフの 在籍年数が長い☆
ranking-top2-4.jpg
kango29.jpg
長く働けるポイントは「平均年収以上の職場」 「教育環境が整った職場」「育児環境が整った職場」 の3つです。 この3つのポイントが揃っていれば長く安心して 働くことが出来ます☆女性は結婚・出産・育児・介護など離職を余儀なくされたり、勤務体制の調整が必要になるケースが多いです。そのため、自分の周りの環境が変わってしまっても無理なく働ける職場を選ぶことが重要です!

転職の理由別で見る看護師求人の探し方

pixta_4995602_S.jpg
看護師が転職をする際にはそれぞれ理由がありますよね?

看護師の転職理由の上位には「人間関係が悪いから」「残業が多い」「休みが少ない」「スキルアップの為」「給料が安いから」などがあります。

それぞれ転職の理由が違うので、転職理由別に求人探しをしないと転職に失敗してしまいます(>_<)

看護師の離職率は新人ナースに比べ、中途採用ナース(転職ナース)の方が大幅に高いのです。

つまり、転職に失敗して転職を繰り返してしまうナースが多いと言う事です。

転職の理由、転職先に希望する事をしっかりと整理して転職活動をする事を勧めます(#^.^#)


転職理由が「人間関係の悩み」という方

pixta_3627720_S.jpg
一口に「人間関係の悩み」と言っても悩みの対象は様々ですよね?

同期・先輩・プリセプター・プリセプティ・主任・師長・同僚・ドクター・患者さんや家族などなど。対象は人それぞれですね。

人間関係の悩みの原因としては、「労働環境が劣悪で職場の人間関係に悪影響が出ている」と言う場合と、「特定の誰かにターゲットにされている」と言う2つのパターンに分かれます。

「労働環境が劣悪で職場の人間関係に悪影響が得出ている」と言うのは、「残業が多い」「休日が少ない」「人手不足」「夜勤が多い」「業務が多い・雑務が多く仕事が煩雑」・・・このように誰が働いても疲れてしまうような職場にいると、常にストレスが貯まり、職場の雰囲気は悪くなり、誰かに当たったり悪口を言う事でストレス発散をさせる事があります。

劣悪な労働環境では周りのスタッフに心配りをする余裕がなくなり、職場は殺伐となり、何か小さなトラブルやミスが原因で大きなイジメや嫌がらせに繋がる事が多いのです。

このような職場に悩んでいる方は、「看護師の配置人数が多く業務に余裕のある職場」「年間休日120日以上の職場」「看護師の離職率が低い職場」「看護師の平均在籍年数が10年前後の職場」を選ぶことで解決される事が多いですよ。

「特定の誰かにターゲットにされている」と言う場合は、ターゲットにされる原因があったのか?何か大きなミスや、医療事故に繋がるミスをしてしまったり、伝達不足でチームワークが乱れたり、知識不足や経験不足からチームメンバーに大きな負担を与えていたり・・・何か原因はないのか確認をしましょう。

ターゲットにする方も大人げがないとは思いますが、自分自身に原因がある事も少なくないのです。

このような場合は経験を積んでしっかりと知識を摘み、ミスのない丁寧な仕事をする事、分からないままに仕事をしない事、このくらい良いかな?と思うような小さな事もチームで共有させる意識を持つ事など、自分の今後の態度で改善する事があります。

もしかしたら、今現在の職場や科が自分に合っていないのかもしれません。

どうしてターゲットにされてしまったのか?それは転職をする事で改善が出来るのか?しっかりと考えてみましょう。

転職理由が「給料アップのため」という方

pixta_5382009_S.jpg
給料アップの為に転職をすると言う方は「月にいくらの給料アップを希望するのか」「年収いくらが希望なのか」を事前に把握した方が良いですね!

月にあと2万円あればな~・・・と言う場合や、月給10万円単位でのアップを望む場合など人それぞれですよね。

さらに「基本給が高い職場」が良いのか「手当が充実している職場」が良いのか「年俸制の職場」が良いのか、事前に決めておくと良いですよ。

ただ給料アップと言っても長い目で見てメリットが少なければ意味がありません。

基本給の高い職場は、夜勤回数や残業時間、休日出勤などに関わらず毎月の基本給が保障されます。

手当が充実している職場は、夜勤回数を多くすれば給料アップし、休日出勤や残業をこなせば給料アップします。

でも、看護師は女性が中心の職場ですから結婚・出産・育児・介護などで思う様に働けない期間があるケースが多いのです。

手当が充実している職場は頑張って働いた分だけ給料アップしますが、働けない期間は給料アップは期待出来ません。

また基本給はボーナスや退職金の指標となる額で、基本給が高い職場ほどボーナスや退職金が高くなりますね。

これは長い目で見ると相当な金額の差が出てきます。

人気のある職場は「基本給が高い」職場です。

もう一つ気を付けたいのが、「月給」と「年俸制」の違いです。

年俸制の職場では、例えば年俸が500万円の職場では12か月を均等に割った金額が月額になり、月額は41万6千円となり、とても高いと感じますよね?

でも年俸制の場合は月額の中にボーナスが含まれているので、月額制の職場に比べて毎月の給料が数万円~10万円位高く表記されています。

年俸制の職場の場合は一見、月給が高く見えますが、ボーナスを含んだ表記である事がほとんどなので注意が必要ですね。

転職理由が「残業が多い」という方

pixta_6149285_S.jpg
一般病院の病棟勤務の場合は残業が全くない職場を探す方が難しいかもしれません・・・。

最近は看護助手やヘルパー、ボランティアなど看護師以外のスタッフを多く入れる事で、看護師の負担を減らそうと言う職場が増えています。

看護師が看護業務に専念できる環境を作れば看護師の残業時間は減りますが、多くの職場が雑用や雑務を看護師が行っている事が多く、看護業務に専念出来ない職場が多いのです。

求人票などに書かれている「平均残業時間」はほぼ当てになりません。

それは「平均残業時間」の表記は、残業として申請された時間のうち「病院が残業として認めた時間の平均」となっているためです。

毎日1時間残業をすると月に20時間ほどの残業になりますが、これを全部残業として認める職場は少数でしょう。

残業時間の申請の前に管理者のチェックが入りますよね?

管理者は残業が避けられないものだったのか?本人の能力によるもので残業とは認められないのか判断をするので、全ての申請が通る事はありません。

また残業時間が多いと管理者の評価は低くなるので、なるべく残業を認めたくないのが本音です。

求人票にある「平均残業時間」は当てになりませんので、事前に職場の業務内容や残業の有無や時間を把握する事をお勧めします。

これはある程度事前に予想する事は出来ます。

職場の「常勤看護師」と「非常勤看護師」の割合を公表している職場なら「常勤看護師の割合が高い」職場の方が残業時間が短い傾向があります。

それは、非常勤看護師の割合が高いと、時短勤務などで定時前に帰宅する事が多いため、残った業務を常勤看護師で分担する必要があるため残業が出やすくなったり、非常勤看護師が夜勤免除の場合は常勤看護師が夜勤カバーに入ることが多く、日勤帯に定数ギリギリの配置になる事が多く1人1人の分担が増える事が多いからです。

また、働きやすい職場かどうか(労働環境が落ちつている職場かどうか)は育児中ナースの割合を見ても分かります。

育児中ナースは残業がなく、土日休みの職場を希望するケースがほとんどです。

育児と仕事の両立が出来る職場は、労働環境が整っている職場と言えるので働きやすい職場とも言えます。

自分で労働環境を調べるのは難しい・・・と言う方は、看護師求人サイトに依頼して調べて貰うと良いと思いますよ。

看護師求人サイトでは自分の気になる職場を「逆指名」する事が出来るので、気になる職場をピックアップして「労働環境」や「看護師の平均年齢」「平均在籍年数」「離職率や離職理由」など個人で調べるのは難しい事も代理で調べてくれるので安心です。

転職理由が「休日が少ないから」と言う方

pixta_6292833_S.jpg
多くの職場が「4週8日休制」を導入していますね。

4週6日休制の職場もありますが、これでは正直休みはとても少ないと感じると思います。

4週8日休制の職場の場合は、月に8~9日の休みがあり、これに加えて「夏季・冬季の特別休暇」、その他の「家族看護休暇」「介護休暇」「リフレッシュ休暇」などの特別休暇、「年休」が加わるため、年間休日は110日以上となります。

最近ではワークライフバランスを重視しようと言う職場が増えており、仕事とプライベートの両立のためには「年間休日120日以上が望ましい」と言われています。

年間休日120日以上になると毎月10日ほどの休みがあるので、プライベートの時間もしっかり確保出来ます。

また連休が取りやすいので、リフレッシュもでき、ストレスの軽減に役立ちます。

公立病院などでは年間休日120日以上の職場が多くなっていますが、一般病院では年間休日100日に満たない職場もあります。

仕事もプライベートも楽しみたい、余暇を楽しみたいと言う方は「年間休日120日以上の職場」を選ぶと良いと思いますよ!

運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

静岡県で人気の病院だけを厳選。また、静岡で人気の看護師求人サイトもランキング形式で紹介してます。

Copyright © 2010 静岡で人気の病院はコレ!静岡の看護師求人ガイド All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。